町議会の概要

本文にジャンプします
町議会の概要
Clip to Evernote このエントリーをはてなブックマークに追加

町議会の役割

 町議会は、町民の代表者として、町民の意見や要望を町政に反映させるための議決機関です。肝付町議会は、選挙で選ばれた14名の議員で構成されています。
 町議会は、町の予算や条例などの議案を審議し、決定します。また、町の事務が適切に行われているか調査し、町長に対する意見や助言を述べる役割も持っています。
 町長は、町議会の決定に基づいて、執行機関として実際に町の施策や事業を実施します。町議会と町長は、お互いの独立した立場を尊重しながら、協力しあい、町民のためのよりよい町政を推進しています。

定例会と臨時会

 町議会には、毎年定期的に開かれる「定例会」と、必要に応じて開かれる「臨時会」があります。
定例会は、毎年3月、6月、9月、12月の4回開催されます。
臨時会は、緊急に議会の議決を必要とする事項が発生した場合などに必要に応じて開催されます。
町議会の招集は町長が行います。なお、議長または議員定数の4分の1以上の議員から請求があった場合は、町長は臨時会を招集しなければなりません。

常任委員会

 議会に常時おかれている委員会で、事務に関する調査及び議案、陳情等の審査を行う、議会の予備的審査機関です。肝付町議会には、現在2つの常任委員会(総務・文教委員会、産業・福祉委員会)が設置されています。
名称 定数 任期 所管等(内容)
総務・文教委員会 7名 2年 総務課、企画調整課、税務課、住民課、会計課、教育委員会、選挙管理委員会および監査委員の所管に属する事項ならびに他の委員会の所管に属しない事項
産業・福祉委員会 7名 2年 健康増進課、福祉課、農業振興課、林務水産課、畜産課、建設課、産業創出課、農業委員会、老人ホーム、町立病院および水道課の所管に属する事項
町民生活課については、業務内容により委員会が区分する。

特別委員会

 特定の付議事件の審査のために臨時に設けられる委員会です。

議会運営委員会

 円滑な議会の運営を期すため、会期や議案、請願などの取り扱いに関する議会運営全般についての協議や意見調整が行われます。
名称 定数 任期 所管等(内容)
議会運営委員会  7名 2年 議会運営、町議会委員会条例、会議規則等に関する事項、議会だよりの発行、議長の諮問に関する事項