特定健康診査・特定保健指導

本文にジャンプします
特定健康診査・特定保健指導
Clip to Evernote このエントリーをはてなブックマークに追加

特定健康診査・特定保健指導とは

 

 日本人の生活習慣の変化や高齢者の増加等により、近年、糖尿病等の生活習慣病の有病者・予備群が増加しており、生活習慣病を原因とする死亡は、全体の約3分の1にものぼると推計されています。

 生活習慣病は、一人一人が、バランスの取れた食生活、適度な運動習慣を身に付けることにより予防可能です。

 平成20年4月から始まっている、生活習慣病予防のための新しい健診が特定健診です。
 健診内容は、これまでの基本健康診査と大きく変わることはありませんが、新しく加わる検査として、腹囲の測定などがあります。また、健診結果から、メタボリックシンドロームまたは、その予備群と判定されたかたには、「動機づけ支援」「積極的支援」など、健診の判定の段階にあわせて保健指導を行い、生活習慣の見直しを考えていきます。

対象者・料金


肝付町の国民健康保険に加入されているかたで今年度40歳~74歳のかた。

対象者全てのかたが無料で受診できます。

検査項目


身体測定・胸囲測定・血圧測定・問診・尿検査・血液検査・診察・心電図・眼底検査・貧血検査

集団検診会場・日程表ダウンロード


※「用語解説」は「Weblio辞書」のページに移動します。内容については、Weblioまでお問い合わせください。