公的個人認証サービスとは

本文にジャンプします
公的個人認証サービスとは
Clip to Evernote このエントリーをはてなブックマークに追加

公的個人認証サービスとは

 これまで行政機関への申請や届出を行うとき、窓口業務が行われている時間帯に、窓口へ直接行って手続を行うのが一般的とされてきました。
 現在、国や地方公共団体では、これまでの窓口での手続きに加え、自宅のパソコンから行政機関に対してインターネットを使って申請や届出ができる仕組みづくりに取り組んでいます。

 公的個人認証サービスは、こうした電子申請・届出が行われる際に、申請者の成りすましや申請内容の改ざんなどを防ぐためのセキュリティ確保の手段(電子署名)を全国どこに住んでいる人に対しても安い費用で提供するサービスです。
このサービスにより、インターネット上で行う申請や届出に関し、
  1. 申請者が本人であること
  2. 申請内容がオンラインの途中で改ざんされていないことを証明することが可能となります。
 公的個人認証サービスポータルサイト

※「用語解説」は「Weblio辞書」のページに移動します。内容については、Weblioまでお問い合わせください。