ごみの分け方・出し方について

本文にジャンプします
ごみの分け方・出し方について
Clip to Evernote このエントリーをはてなブックマークに追加
きちんと分類しましょう。
 最近、ルール違反のごみ出しが見受けられます。
 次の点に注意をして、ごみを出すようにしてください。 

 燃やせるごみ・燃やせないごみ・資源ごみを分別して、それぞれの指定袋に氏名を明記して、収集日に指定のごみステーションに出してください。

 ごみステーションは各振興会で管理されています。
 収集日の当日に
 燃やせるごみ・燃やせないごみ・生ごみ(内之浦地区)は、午前8時30分。
 資源ごみは午前8時までに出してください。

 関連リンク:ごみ収集カレンダー

ごみの種類 処理のしかた
燃やせるごみ 青文字の指定袋に入れて出してください
生ごみ(内之浦地区のみ) 水切りバケツから指定容器に出してください
燃やせないごみ 赤文字の指定袋に入れて出してください
破砕不適物
(硬い金属製品)
燃やせないごみとおなじように、赤文字の指定袋に入れて出してください
衣類
プラマークのついた容器包装等の資源ごみ
緑色の指定袋に入れ、資源ごみ回収の日に出してください
ペットボトル
びん類
白色トレー・発泡スチロール
きれいにゆすぎ、乾かしたものを資源ごみの日にステーションに置いてある容器(かご等)に出してください
新聞、雑誌類、ダンボール 同じサイズにそろえ、適量をひもで結んで出してください
空き缶類 中身をきれいにゆすいだものを赤字の指定袋に入れ、空き缶の収集日に出してください
有害ごみ
(乾電池、蛍光灯など)
少量であればレジ袋等に「有害ごみ」と書いて、燃やせないごみの日に出してください。
少量の乾電池であれば役場に回収ボックスがありますので、ご利用ください。

 


 小型家電            通常のごみステーションに出してください。
※袋には入れなくてもよろしいです。 


※詳しくは、配布してある「肝付町ごみ分別一覧表」をご覧ください。

 

古紙の分類
 古紙は、下記のように種類別にひもでむすんで資源ごみの日に出してください。

種類 出し方
新聞・チラシ 新聞・チラシは、一緒にむすんで出します。
ダンボール ガムテープ、ビニールテープ、複写伝票などは取り除き、箱形ではなく開いてから適量にむすんで出します。
雑誌・古紙類
(本の形をしたものと用紙類
(ポスター・カレンダー等))
ビニールやアルミ、革、布などのついたものは資源ごみに出さず、燃やせるごみに出します。
紙箱・包装紙
(紙袋類と空き箱)
紙袋にプラスチック製のひもや取っ手があるときは外します。
箱はかさばらないように開いてむすびます。
紙パック  開いて中をすすぎ、乾かしてから出します。
プラスチック製の飲み口が付いたものは取り除いてから出します。
内側にアルミが貼ってあるものは、燃やせるごみに出します。


※「用語解説」は「Weblio辞書」のページに移動します。内容については、Weblioまでお問い合わせください。