窓口での本人確認について

本文にジャンプします
窓口での本人確認について
Clip to Evernote このエントリーをはてなブックマークに追加

戸籍や住所に関する届出、戸籍謄本・抄本や住民票、印鑑証明などの交付申請の際は、窓口での本人確認が必要です。
お手数をおかけしますが、不正ななりすましの防止や個人情報保護のため、ご理解とご協力をお願いします。

本人確認の対象となる届出・申請

◆戸籍に関する届出
婚姻届、協議離婚届、養子縁組届、協議養子離縁届、認知届
◆住所に関する届出
転入届、転出届、転居届、世帯変更届
◆各種証明の申請
戸籍の証明、住民票の写し、住民票記載事項証明書、外国人登録原票記載事項証明書、身分証明書、印鑑登録証明書など

本人確認に使用できる書類

本人確認に使用できる書類には、1つ提示すればよいものと2つ提示が必要なものがあります。
いずれの書類も有効期限がある場合は有効期限内のものに限ります。

1つでよいもの

2つ必要なもの

  • 運転免許証
  • 写真付き住民基本台帳カード
  • 旅券(パスポート)
  • 海技免状
  • 小型船舶操縦免許証
  • 電気工事士免状
  • 宅地建物取引主任者証
  • 教習資格認定証
  • 船員手帳
  • 戦傷病者手帳
  • 身体障害者手帳
  • 療育手帳
  • 外国人登録証明書
など


<A>から2つ、または<A><B>から1つずつ提示してください。

<A>

  • 住民基本台帳カード(写真なし)
  • 国民健康保険・後期高齢者医療・健康保険・船員保険または介護保険の被保険者証
  • 共済組合員証
  • 国民年金手帳
  • 国民年金・厚生年金保険または船員保険の年金証書
  • 共済年金または恩給の証書
  • 交付請求書上に押印した印鑑に係る印鑑登録証明書
など
<B>
  • 学生証
  • 法人(国若しくは地方公共団体を除く)が発行した身分証
  • 国または地方公共団体の機関が発行した顔写真付き資格証明書
など

 


※「用語解説」は「Weblio辞書」のページに移動します。内容については、Weblioまでお問い合わせください。