犬の登録と予防注射

本文にジャンプします
犬の登録と予防注射
Clip to Evernote このエントリーをはてなブックマークに追加

犬の登録について

フレンチブルドック

 生後91日以上の犬は、狂犬病予防法により、市町村に登録しなければなりません。

  1.登録申請は
    ・住民課年金環境衛生係、内之浦総合支所町民生活課
    ・肝付町が委託している動物病院、集合注射実施会場
     ※委託している動物病院は・・・
      中村動物病院  住所:肝付町前田4093番地2
              電話:0994-65-9141

 
   2.必要なもの
   ・登録申請書(役場、動物病院にあります)
   ・登録手数料 3,000円・・・犬の生涯に1回のみ

   3.その他
   ・登録申請後、犬の鑑札が交付されます。
   ・鑑札は、犬の首輪等に付けてください。
    (保健所や役場が迷子犬を捕獲した際に飼い主に連絡します。)

◎犬を登録しなかったらどうなるの?
  犬の登録をしていない場合は、20万円以下の罰金が科せられることがあります。
  登録していない犬を飼っている方は、必ず犬の登録を行いましょう。

予防注射について

 生後91日以上の犬は、狂犬病予防法により、毎年狂犬病の予防注射を受けなければなりません。

   1.接種できる場所
    肝付町が委託している動物病院、集合注射実施会場

 2.持参するもの
   ・予防接種費用 3,000円
     費用の内訳 注射料       2,450円
           注射済票交付手数料  550円
   ・予防注射通知書(登録している場合は、毎年送付されます。)

 3.その他
   ・犬を制御できる人が連れてきてください。
   ・病気や妊娠などで普段と違う状態の犬は、かかりつけの動物病院にご相談の上注射を受けさせてください。

◎犬の注射を受けなかったらどうなるの?
  犬に予防注射を受けさせていない場合は、20万円以下の罰金が科せられることがあります。
  予防注射を受けさせていない犬を飼っている方は、必ず狂犬病予防注射を受けさせましょう。


※「用語解説」は「Weblio辞書」のページに移動します。内容については、Weblioまでお問い合わせください。