平成20年度「肝付町キバレふるさと寄附金」の活用状況

本文にジャンプします
平成20年度「肝付町キバレふるさと寄附金」の活用状況
Clip to Evernote このエントリーをはてなブックマークに追加

ふるさとを想う気持ちにありがとう


 本町では皆様からお寄せいただいた寄附金は、毎年度末に一度「肝付町キバレふるさと基金」へ積み立てます。そして次年度以降にその基金から支出し、皆様が指定された用途に活用します。
 20年度にお寄せいただきました寄附金は、22年度に下記事業に活用しました。

  1. ふるさとの自然・歴史・文化を守り育てる事業(21万円)
     本町八月踊り保存会補助金など、文化財保護・保存に関するもののほか、環境保護に使います。


    本町八月踊り

    叶岳から見る海
  2. 地域の産業を守り育てる事業(9万8千円)
     担い手の育成など、農林水産業の振興に関するものに使います。


    魚の水揚げ

    早期水稲の稲刈り
  3. みんなで築く安心・安全なまちづくり事業(37万5千円)
     防災行政無線機の整備ほか、災害対策・交通安全に関するものに使います。


    消火訓練

    交通安全キャンペーン
  4. その他(寄附金の使途の指定のないもの)(114万2千円)
     乳幼児検診など、少子化対策に関するものに使います。


    小中学校音楽祭

    ロケット祭り(子どもみこし)