乳歯を守るために(フッ素塗布)

本文にジャンプします
乳歯を守るために(フッ素塗布)
Clip to Evernote このエントリーをはてなブックマークに追加
歯磨き
食後の歯磨きを忘れずに!

 肝付町では、乳幼児のむし歯予防として1歳6ヶ月児健診、2歳・2歳6ヶ月歯科検診、3歳児健診の際、フッ素塗布を実施しています。

フッ素は、歯の質を強くしたり、口の中の環境を改善する2つの働きがあります。
 

 

むし歯を予防するために

 むし歯菌(歯についた歯垢は菌のかたまり)、糖分(むし歯菌のえさ)、歯質(歯の弱さ)の3つの要因があり、3つが重なった状態のまま「時間」が経過するとむし歯ができます。1つでも要因をとり除くことで予防につながります。次のことに気をつけ、むし歯を予防しましょう。また、定期的に健診をうけましょう。

むし歯菌・・・食後は歯みがきをしましょう。
糖分・・・糖分の少ないおやつを心がけ時間と回数を決めましょう。
歯質・・・フッ化物の応用で歯質を強化しましょう。

 

 


※「用語解説」は「Weblio辞書」のページに移動します。内容については、Weblioまでお問い合わせください。