船間のヘゴ自生北限地帯(大正15年10月27日指定)

本文にジャンプします
船間のヘゴ自生北限地帯(大正15年10月27日指定)
Clip to Evernote このエントリーをはてなブックマークに追加
船間のヘゴ
船間のヘゴ
 へゴは木性の大型シダ植物で、高さは4メートルにもなります。日本では、八丈島・五島・九州南部の一部と、南の島々に分布し、湿澗で温暖な所に自生しています。

 本町では、船間地区の通称「へゴの谷」と呼ばれる小さな谷間にへゴの群落があり、自生北限地として1926年(大正15年)国の天然記念物に指定されました。

 しかし、1938年(昭和13年)の大水害で流失したり、園芸ブームによる盗掘で絶滅状態となってしまいました。そこで、1988年(昭和63年)当時の船間小学校文化財少年団と地区民の協力で約50本のへゴを移植し、へゴの谷はよみがえり現在に至っていますが、環境悪化の影響か年々衰退してきています。

見学について
・基本的にいつでも見学できます。

アクセス
 船間のヘゴ自生北限地帯へのアクセスはこちらをクリックしてご覧ください。