小田の楠(昭和40年1月9日指定)

本文にジャンプします
小田の楠(昭和40年1月9日指定)
Clip to Evernote このエントリーをはてなブックマークに追加
小田の楠

小田の楠
小田の楠

三国名勝図会「小田森」
三国名勝図会「小田森」
 南方地区の小田集落にある大樹です。


 小田の楠には言い伝えがあります。西暦81年頃、第12代景行天皇は、熊襲親征のため川原瀬のお着が瀬に上陸され、御腰掛の石にご休憩されたあと、山道を小田集落に下って一泊されました。小田の宿をご出発の際、お忘れになった杖が根付いて大楠になったというものです。


 三国名勝図会という薩摩の歴史書には、その楠は、一度は枯れ、その宿根から芽生えて現在の大樹になったとあります。
・根本周り 15.5メートル
・樹高 25メートル

 町の木に「クス」が選ばれたのも、小田の楠によるところが大きいのではないでしょうか。


 また、北方地区にある「天子山」は、景行天皇が皇居と定められ、6年間滞在された高屋宮跡であるといわれています。



見学等について
・基本的にいつでも見学できます。

アクセス
 小田の楠へのアクセスはこちらをクリックしてご覧ください。