川上中学校本校舎

本文にジャンプします
川上中学校本校舎
Clip to Evernote このエントリーをはてなブックマークに追加
川上中学校本校舎
川上中学校本校舎

登録有形文化財プレート
登録有形文化財プレート
 川上中学校の木造本校舎が、平成21年4月28日、国の登録有形文化財(建築物)に登録されました。

 切妻造桟瓦葺で、外壁を下見板張とし、東面と西面の各4か所にバットレス(横方向体力部材:風対策)が付いているのが特徴です。こうした外観が、国土の歴史的景観に寄与すると認められ登録有形文化財となりました。

 運動場側の西側を廊下として、当初は中央南寄りを土間床の通路とし、北に3教室、南に職員室を配した、山間に残る木造校舎で、風情ある佇まいを見せる建物です。

 建築されたのは1949年(昭和24年)で、1961年、1972年と改修を行っていますが、基本的には当時の姿をそのまま残しており、古き良き時代を感じることができます。




アクセス
 川上中学校本校舎へのアクセスはこちらをクリックしてご覧ください。


川上中学校(平成24年4月から休校)
住所:鹿児島県肝属郡肝付町後田6339