付加保険料

本文にジャンプします
付加保険料
Clip to Evernote このエントリーをはてなブックマークに追加

付加保険料で年金額を増やしましょう

第1号被保険者のための給付の上乗せの制度です。定額の保険料に加算して付加保険料(月額400円)を納めると老齢基礎年金に付加年金が加算されます。

付加年金額(年額)

付加年金額(年額)=200円×付加保険料を納めた月数となります。
(計算例)10年間(120月)付加保険料を納めた場合
      200円×120月=24,000円(年額)

付加保険料に加入できる人

付加保険料を納付できる人は、第1号被保険者(任意加入者を含みます)です。付加保険料のみの加入はできません。
また、保険料の学生納付特例や免除を受けている人や国民年金基金に加入している人は加入できません。
※定額分の保険料も含めて納付期限(翌日末日)までに納付しなければなりません。
 

付加保険料の加入の手続き

役場住民課または内之浦総合支所・岸良出張所に年金手帳(又は基礎年金番号のわかるもの)を持参してください。
申し出のあった月から加入できます。

※「用語解説」は「Weblio辞書」のページに移動します。内容については、Weblioまでお問い合わせください。