被災者の受け入れ支援について(5月16日掲載)

本文にジャンプします
被災者の受け入れ支援について(5月16日掲載)
Clip to Evernote このエントリーをはてなブックマークに追加
 このたびの東日本大震災により被災されました皆様に謹んでお見舞い申し上げますとともに、被災地が一日でも早く復興されますことを心よりお祈り申し上げます。

 今回の東日本大震災により被災された方、もしくは、福島原子力発電所の事故により避難指示又は屋内退避指示の出されている地区に居住していた方のうち、肝付町に避難される方を対象として、次のとおり支援を行います。

移動にかかる支援

一人あたり50,000円(1回限り)

住宅の支援

公営住宅
原則として1年間。(6ヶ月で更新)
家賃は全額免除とし、敷金(家賃の3ヶ月分)及び連帯保証人は免除。電気、ガス、水道及び共益費は入居者負担。退去時の住宅修繕費用は不要。

民間住宅
原則として1年間。(6ヶ月で更新)
町が指定した民間住宅に居住することを条件に公営住宅と同等の支援を行います。

生活費の支援

当分の間の生活費として、1人あたり50,000円を支給します。(1回限り。上限300,000円。)

教育に関する支援

幼児がいる場合
町内の保育園・幼稚園に入園した場合の保育料は免除とします。

小・中・高校生がいる場合
必要に応じて援助を行います。

就労に関する援助

町内企業への就労あっせん
就労受け入れ可能な町内企業へあっせんを行います。
平成23年5月16日現在、22社による受け入れが可能です。

肝付町新規就農者育成支援
カラーピーマンを栽培する新規就農者として3組を受け入れ可能。
期間:平成24年7月~平成26年6月
研修中は単身15万、夫婦25万支給
※研修終了後は経営実証ハウスで基本的に2年間栽培し、その後独立していただきます。