入院中の食事負担などについて

本文にジャンプします
入院中の食事負担などについて
Clip to Evernote このエントリーをはてなブックマークに追加
◎入院時の標準負担額は下表のようになります。
70歳未満
適用区分 負担額(一食あたりの食事代)

上位所得者      [A]

260円[減額対象外]

一般世帯       [B]

町県民税非課税世帯  [C]

210円(90日まで)

160円(91日以降)


70~75歳未満

適用区分

負担額(一食あたりの食事代)

現役並み所得者(3割負担)

260円[減額対象外]

一般

町県民税
非課税世帯

区分2

210円(90日まで)

160円(91日以降)
[長期該当]

区分1

100円

◎入院する際、限度額適用・標準負担額減額認定証と保険証を医療機関へ提示することで上記負担額となります。やむを得ない理由により、減額されていない場合は、差額支給の申請を行うことができます。

◎町県民税非課税世帯(70~75歳未満の場合は区分2)のかたの入院日数が申請月から過去12ヶ月以内に91日を越える場合、申請を行うと負担額が更に軽減されます。[長期該当]
長期該当申請に必要なもの ●国保の保険証
●印鑑
●現在発行されている減額認定証
●入院日数が91日を越えたことがわかる領収書等
 ※70~75歳未満の区分1の被保険者は区分2の長期該当の負担額より低額であるため、
  入院日数が91日を越える場合でも申請する必要はありません。

※「用語解説」は「Weblio辞書」のページに移動します。内容については、Weblioまでお問い合わせください。