一部負担割合について

本文にジャンプします
一部負担割合について
Clip to Evernote このエントリーをはてなブックマークに追加
 被保険者証を医療機関で提示すると、受けた治療にかかる医療費(10割)のうち、一部負担割合分を支払うことになります。

一部負担割合は下記のとおりです。
一部負担割合 所得等条件
3割
(現役並み所得者)
同一世帯内に課税所得145万円以上の所得があるかたがいる世帯。
ただし、次に該当するかたは、申請すると1割負担となります。

  • 被保険者が1人の世帯
     被保険者本人の収入額が383万円未満

     

  • 被保険者が2人以上いる世帯
     被保険者の収入の合計額が520万円未満

     

  • 被保険者が1人で、同一世帯内に70~74歳の方がいる世帯
     被保険者と70~74歳の方の収入の合計額が520万円未満
  • 1割(一般) 3割(現役並み所得者)以外のかた

    ※負担割合の判定は、毎年8月1日に行っています。
     所得情報や世帯の更正等により、負担割合が変わる場合もあります。


    ※「用語解説」は「Weblio辞書」のページに移動します。内容については、Weblioまでお問い合わせください。