不審者・不審電話について

本文にジャンプします
不審者・不審電話について
Clip to Evernote このエントリーをはてなブックマークに追加
 全国で市町村や広域連合年金機構等の職員を名乗り、医療費の還付を装った詐欺事件など高齢者を狙った犯罪が相次いで発生しています。

 市町村や広域連合などの公的機関の職員が、ATMの操作を指示したり、被保険者証やキャッシュカード、通帳をご自宅に伺って直接預かることは絶対ありません。

 また、還付金等の申請について、銀行やコンビニへ行くようお願いすることも絶対ありません。

 不振な電話や訪問者があった場合は下記の点に注意してください。
  • 「絶対に被保険者証を渡さない」
  • 「簡単に電話番号、口座番号、生年月日などの個人情報を教えない」
  • 「やりとりの前に、相手の身分を必ず確認する」
  • 「最寄りの警察署や市町村後期高齢者医療担当窓口に問い合わせる」

 肝付町役場健康増進課または町民生活課では、電話による問い合わせを行うことがありますが、問い合わせの電話では直接答えず、肝付町役場の連絡先と実在する職員であるかを確認したうえで、回答してください。

不審者・不振電話に関する情報提供(鹿児島県後期高齢者医療広域連合ホームページ)


※「用語解説」は「Weblio辞書」のページに移動します。内容については、Weblioまでお問い合わせください。