高額療養費とは

本文にジャンプします
高額療養費とは
Clip to Evernote このエントリーをはてなブックマークに追加
◎医療機関で支払う自己負担額が高額になったときに、支払った自己負担額の一部が高額療養費として支給されることがあります。

◎高額療養費に該当する場合は、おおむね診療月の2~3ヶ月後にお知らせの通知をお送りしています。
 お知らせの通知が届きましたら、指定された日時・場所に下記のものを持参して支給申請の手続きを行ってください。
高額療養費支給申請に必要なもの ●高額療養費の支給のお知らせ
●国保の保険証
●世帯主の印鑑(朱肉不要印鑑は不可)
●領収(明細書)書

※保険税の納付が滞っている世帯について、高額療養費の支給を停止する、または税務課立ち会いのもと
 高額療養費の支給を行う場合があります。
 保険税に関してのご質問・納税相談等は、税務課へお問合せください。
※交通事故等の第三者によるケガで国保を使用した場合には、高額療養費が支給されないことがあります。
※高額療養費は、診療月の翌月初日から起算して2年間を経過すると支給を受けることができなくなります。
 お知らせの通知が届いて、ご不明な点がございましたら健康増進課・健康保険係までご相談ください。

※「用語解説」は「Weblio辞書」のページに移動します。内容については、Weblioまでお問い合わせください。