後期高齢保険料について

本文にジャンプします
後期高齢保険料について
Clip to Evernote このエントリーをはてなブックマークに追加
 保険料は、制度を運営している『鹿児島県後期高齢者医療広域連合』が決定します。

 保険料は、被保険者全員が等しく負担する「均等割額」と、被保険者の前年所得に応じて負担する「所得割額」の合計からなり、被保険者一人ひとりが納付義務者となります。

均等割額 (年額)51,500円
所得割額 (総所得金額-基礎控除額33万円)×所得割率(9.97%)
※均等割額や所得割率は、2年ごとに見直しされます。

 保険料の賦課限度額は、年額57万円です。

 

保険料試算シート等(鹿児島県後期高齢者医療広域連合ホームページに移動します)


 保険料の納付方法は、「特別徴収」と「普通徴収」の2種類があります。
特別徴収 【保険料を年金から天引きして納付する方法】
年額18万円以上の年金受給者は、年金から天引きされます。
ただし、介護保険料と合わせた保険料額が、年金額の2分の1を超える場合は、普通徴収となります。
※被保険者本人の手続きは必要ありません。
※年度途中で被保険者となった方や、所得更正による保険料額の変更があった方などは、普通徴収となりますので、ご注意ください。
普通徴収 【保険料を納付書や口座振替等により納付する方法】
特別徴収以外のかたは、納付書や口座振替等により、納付していただきます。
様々な事由により、特別徴収から普通徴収に切り替わることがありますので口座振替の手続きをされることを推奨しています。
※口座振替の手続きは、金融機関で申請していただく必要があります。
 口座振替の処理が完了していない場合は、納付書が届くことになります。
※肝付町の納付書は、九州内でのみ使用することができます。
 口座振替は、九州外はゆうちょ銀行のみ可能です。
 九州外で納付される場合は、事前にお問い合わせください。

平成29年度の納期限は、下表のとおりです。
納期 納期限
1期 平成29年7月31日
2期 平成29年8月31日
3期 平成29年10月2日
4期 平成29年10月31日
5期 平成29年11月30日
6期 平成29年12月25日
7期 平成30年1月31日




※「用語解説」は「Weblio辞書」のページに移動します。内容については、Weblioまでお問い合わせください。