海外療養費

本文にジャンプします
海外療養費
Clip to Evernote このエントリーをはてなブックマークに追加
◎肝付町国保の加入者が、海外旅行中に病気やケガで医療機関等で受診した場合、保険給付の対象となることがあります。

◎支給対象となるのは、日本国内で保険診療として認められた治療に該当する場合です。(療養費の支給基準の範囲内)
※以下の治療等の場合は対象となりません。
 ・保険適用外の診療(美容整形、人工授精等の不妊治療)、差額ベッド代
 ・長期間(概ね1年以上)国外に居住する場合
 ・治療を目的として出国して、国外の医療機関を受診した場合
 ・交通事故やけんかなど第三者行為や不法行為による病気やケガ

手続き(申請)に必要なもの
  • 国保の保険証
  • 診療内容明細書
  • 領収(明細)書
  • 診療内容明細書及び領収(明細)書の日本語訳文(翻訳者の住所・氏名要記載)
  • 世帯主の印鑑(朱肉不要印鑑は不可)
  • 世帯主名義の預金通帳(口座番号確認)

 

◎診療内容明細書(レセプト)と領収(明細)書は、1ヶ月単位・医療機関ごと・入院外来別に作成してもらってください。

◎診療内容明細書及び領収(明細)書は外国語で記載されている場合は、日本語の翻訳文についても提出する必要があります。翻訳手数料については申請者の負担となります。(翻訳者の住所・氏名は必ず記載してください。)

◎誤訳や翻訳漏れがある場合、支給を受ける際に不利益を被ることがありますのでご注意下さい。
 ※申請できる期間は、支払ってから2年以内です。


※「用語解説」は「Weblio辞書」のページに移動します。内容については、Weblioまでお問い合わせください。