療養費

本文にジャンプします
療養費
Clip to Evernote このエントリーをはてなブックマークに追加
 下記の場合、申請をしていただくことにより自己負担額を除いた額の払い戻しを受けることができます。

こんなとき 手続きに必要なもの
コルセットなどの補装具を作ったとき
(医師が治療上必要と認めたもの)
  • 被保険者証
  • 被保険者の印鑑
    (認め印は可、朱肉不要印鑑は不可)
  • 口座番号、口座名義人の確認ができるもの
    (預金通帳等)
  • 口座名義人の印鑑
    (被保険者の口座ではない場合)
  • 療養費支給申請書
  • 医師の証明書
    (補装具を必要とする証明)
  • 領収書
    (明細が記載されている原本)
やむを得ず保険証を提示できなかったとき
(急病や旅行中など)
  • 被保険者証
  • 被保険者の印鑑
    (認め印は可、朱肉不要印鑑は不可)
  • 口座番号、口座名義人の確認ができるもの
    (預金通帳等)
  • 口座名義人の印鑑
    (被保険者の口座ではない場合)
  • 療養費支給申請書
  • 診療報酬明細書(レセプト)に相当する書類
  • 領収書
    (明細が記載されている原本)
標準負担額の差額支給申請を行うとき
  • 被保険者証
  • 被保険者の印鑑
    (認め印は可、朱肉不要印鑑は不可)
  • 口座番号、口座名義人の確認ができるもの
    (預金通帳等)
  • 口座名義人の印鑑
    (被保険者の口座ではない場合)
  • 療養費支給申請書
  • 領収書
    (明細が記載されている原本)



※「用語解説」は「Weblio辞書」のページに移動します。内容については、Weblioまでお問い合わせください。