高額介護合算療養費

本文にジャンプします
高額介護合算療養費
Clip to Evernote このエントリーをはてなブックマークに追加
 同一世帯内で後期高齢者医療保険と介護保険の両方の自己負担を合算し、自己負担限度額を超える分については、申請により、高額介護合算療養費として支給されます。

 自己負担額は毎年8月から翌年7月までの期間で計算します。

 平成30年7月まで
適用区分 高額介護合算療養費
自己負担限度額(年額)
現役並み所得者 67万円
一般 56万円
低所得者2 31万円
低所得者1 19万円
 平成30年8月から              
適用区分 高額介護合算療養費
自己負担限度額(年額)
現役並み
所得者
課税所得
690万円以上(3) 
212万円
 課税所得
380万円以上(2)
 141万円
 課税所得
145万円以上(1)
 67万円
一般 56万円
低所得者2 31万円
低所得者1 19万円




※「用語解説」は「Weblio辞書」のページに移動します。内容については、Weblioまでお問い合わせください。