介護保険制度とは

本文にジャンプします
介護保険制度とは
Clip to Evernote このエントリーをはてなブックマークに追加

 高齢化の進展に伴い、要介護高齢者の増加や介護期間の長期化など介護ニーズはますます増大している一方で、少子化や核家族化の進行、都市への人口流出により人口減少社会を迎えています。よって介護者数が減っていることや高齢になっていることより、家族だけで介護をすることは年々難しくなってきています。

 そこで、高齢者の介護を社会全体で支え合う仕組みとして介護保険制度が創設されました。単に介護を要する高齢者の身の回りの世話をするということを超えて、高齢者の自立を支援すること(自立支援)を理念としており、利用者本位でサービスを総合的に受けられ、給付と負担の関係が明確な社会保険方式を採用して制度が運用されています。


※「用語解説」は「Weblio辞書」のページに移動します。内容については、Weblioまでお問い合わせください。