子どもの予防接種のお知らせ(定期予防接種・任意予防接種)

本文にジャンプします
子どもの予防接種のお知らせ(定期予防接種・任意予防接種)
Clip to Evernote このエントリーをはてなブックマークに追加

予防接種を受けましょう

 赤ちゃんの病気に対する抵抗力(免疫)は、百日せきでは生後3ヵ月までに、麻しん(はしか)では生後12ヵ月までにはほとんど自然に失われていきます。そのため、この時期を過ぎると、赤ちゃん自身で免疫をつくって病気を予防する必要があります。その助けとなるのが予防接種です。 子どもは発育と共に外出の機会が多くなり、感染症にかかる可能性も高くなります。感染症の発生状況や、かかりやすい年齢などを考慮して、できるだけ早期に接種を済ませましょう。
 
予防接種に行く前のチェック
 
 お子さんの体調はよいですか。当日は、朝からお子さんの状態をよく観察し、ふだんと変わったところがないことを確認しましょう。
  1. 今日受ける予防接種について、「予防接種と子どもの健康」を読み、必要性、効果及び副反応など理解していますか。
  2. 母子健康手帳は持ちましたか。
  3. 予診票の記入はすみましたか。予診票は、接種する医師への大切な情報です。責任をもって記入するようにしましょう。
  4. 予防接種を受けるお子さんの日頃の健康状態をよく知っている保護者の方が連れていきましょう。
予防接種を受けることができない場合
  1. 明らかに発熱(通常37.5℃以上)をしている人
  2. 重篤な急性疾患にかかっていることが明らかな人
  3. その日に受ける予防接種の接種液に含まれる成分で、アナフィラキシーを起こしたことがあることが明らかな人
  4. BCG接種の場合においては、予防接種、外傷などによるケロイドが認められる人
  5. その他、医師が不適当な状態と判断した場合

任意予防接種

定期予防接種


※「用語解説」は「Weblio辞書」のページに移動します。内容については、Weblioまでお問い合わせください。