福祉用具貸与・介護予防福祉用具貸与

本文にジャンプします
福祉用具貸与・介護予防福祉用具貸与
Clip to Evernote このエントリーをはてなブックマークに追加

福祉用具貸与

 日常生活の自立を助けるための福祉用具を貸与することができます。用具の種類は以下の通りです。

【要介護1~5】
○手すり(工事を伴わないもの)
○スロープ(工事を伴わないもの)
○歩行器・歩行補助つえ

【原則として要介護2~5】
○車いす・車いす付属品
○特殊寝台・特殊寝台付属品
○褥瘡防止用具
○体位変換器
○認知症老人徘徊感知危機
○移動用リフト(つり具を除く)

※要介護1のかたは、車いす(付属品含む)・特殊寝台(付属品含む)・褥瘡防止用具・体位変換器・認知症老人徘徊感知機器・移動用リフト(つり具除く)は原則として保険給付の対象になりませんが、状態によって必要性が認められ一定条件を満たす場合には例外的に対象となることがあります。(必要な提出書類等ありますのでケアマネジャーにご相談ください。)

サービス費用のめやす(自己負担は原則として費用の1割です。)
 各用具、各事業所ごとに1か月あたりの単価が異なります。

介護予防福祉用具貸与

 要支援1・2のかたは、福祉用具のうち介護予防に資するものについて貸与することができます。用具は以下の通りです。

○手すり(工事を伴わないもの)
○スロープ(工事を伴わないもの)
○歩行器・歩行補助つえ

※要支援1・2のかたは、車いす(付属品含む)・特殊寝台(付属品含む)・褥瘡防止用具・体位変換器・認知症老人徘徊感知機器・移動用リフト(つり具除く)は原則として保険給付の対象となりませんが、状態によって必要性が認められ一定条件を満たす場合には例外的に対象となることがあります。(必要な提出書類等ありますのでケアマネジャーにご相談ください。)

サービス費用のめやす(自己負担は原則として費用の1割です。)
 各用具、各事業所ごとに1か月あたりの単価が異なります。


※「用語解説」は「Weblio辞書」のページに移動します。内容については、Weblioまでお問い合わせください。