入院するとき使用できる認定証について

本文にジャンプします
入院するとき使用できる認定証について
Clip to Evernote このエントリーをはてなブックマークに追加
 町県民税非課税世帯(低所得者2、低所得者1)に該当する被保険者のかたは、入院する際に「限度額適用・標準負担額減額認定証」の交付申請を行ってください。
手続きに必要なもの 備考
被保険者証 被保険者本人分
被保険者の印鑑 認め印は可、朱肉不要印鑑は不可
限度額適用・標準負担額減額認定申請書 健康増進課または町民生活課窓口で記入
※手続きに来られる方自身の本人確認をできるもの(運転免許証などの公的機関が発行した本人の顔写真付きの身分証明書等)を必ずお持ちください。

 上記認定証は申請した月の初日(申請した月に後期高齢者医療制度の資格を取得した場合は、資格取得日)から発効となります。

 保険料の納付が滞っているかた、または世帯内に未申告者がいるかたは認定証の申請を行うことができません。
※納付相談等は随時受け付けていますので、お問い合わせください。


※「用語解説」は「Weblio辞書」のページに移動します。内容については、Weblioまでお問い合わせください。