介護保険被保険者の転入・転出・転居に伴う手続き

本文にジャンプします
介護保険被保険者の転入・転出・転居に伴う手続き
Clip to Evernote このエントリーをはてなブックマークに追加

肝付町外から転入する場合

・転入前の市区町村で要介護・要支援認定を受けていたかたは、「介護保険要介護・要支援認定申請書」に必要事項を記入し、前住所地の市区町村が発行する「介護保険受給資格証明書」を添えて窓口に提出してください。認定されていた要介護状態区分で原則6か月間認定し、被保険者証を交付します。

・転入前の市区町村で要介護・要支援認定を受けていないかたは、転入翌月に介護保険被保険者証を送付します。

肝付町外に転出する場合

・要介護・要支援認定を受けているかたは、介護保険被保険者証の返還が必要であり、転出先の市区町村に提出するための「介護保険受給資格証明書」を交付しますので、窓口までお越しください。認定されている要介護状態区分が転出先で引き継がれます。

・要介護・要支援認定を受けていないかたは、介護保険被保険者証を窓口に返還してください。

※「用語解説」は「Weblio辞書」のページに移動します。内容については、Weblioまでお問い合わせください。