年の途中で売買した土地・家屋の固定資産税は誰が納めるのでしょうか?

本文にジャンプします
年の途中で売買した土地・家屋の固定資産税は誰が納めるのでしょうか?
Clip to Evernote このエントリーをはてなブックマークに追加

年の途中で売却した土地・家屋の固定資産税は誰が納めるのでしょうか?

 固定資産税は、毎年1月1日(賦課期日)現在において、固定資産を所有しているかたに課税されます。したがって、賦課期日以降に土地、家屋を売買しても、納税義務は1月1日現在の所有者にあります。

更新日:2011年10月31日

※「用語解説」は「Weblio辞書」のページに移動します。内容については、Weblioまでお問い合わせください。