浄化槽の保守点検や清掃を委託していても法定検査は必要ですか?

本文にジャンプします
浄化槽の保守点検や清掃を委託していても法定検査は必要ですか?
Clip to Evernote このエントリーをはてなブックマークに追加

浄化槽の保守点検や清掃を委託していても法定検査は必要ですか?

保守点検とは、浄化槽を正常に機能させるために機器類の点検や調整またはこれらに伴う修理をする定期的な作業(メンテナンス)です。また清掃とは浄化槽内にたまった汚泥などの抜き取りや調整、洗浄作業をする作業です。

法定検査はこれらの作業が国の基準どおりに行われているか、浄化槽の機能が正常に保たれているかを、水質検査、外観検査、書類検査をもって検査するものです。

法定検査は、保守点検・清掃とはその趣旨や内容も異なり、全く別の観点から行われるため、定期的な保守点検・清掃を業者に委託していても、この法定検査を受けなければなりません。

更新日:2011年11月11日

※「用語解説」は「Weblio辞書」のページに移動します。内容については、Weblioまでお問い合わせください。