2012年3月~2012年5月

本文にジャンプします
2012年3月~2012年5月

奇跡の金環日食

奇跡の金環日食

2012年5月21日

5月21日(月)、肝付町の宿泊施設に宿泊された方を対象に「金環日食観測体験」が辺塚海岸で行われ、県外の観光客36人が参加しました。

肝付町では今回の金環日食がほぼ中心線を通過することから、観光客は神秘的な天体ショーに期待を膨らませていたものの、当日はあいにくの大雨に見舞われ、辺塚海岸に到着した際も、暴風雨で諦めムードが漂っていました。

しかし、金環日食となった午前7時19分頃から、雲の切れ間からリングとなった太陽が姿を出し始め、諦めかけていた観光客を始め、辺塚海岸に来られた方々からは、予想にもしていなかった出来事に歓喜の声が飛び交いました。
リングが見られたのは短い時間でしたが、参加者は「来てよかった。大感動だ」と奇跡の天体ショーを満喫しました。



相模原市民桜まつり

黒豚じゃんぼ串の販売

2012年4月11日

4月7・8日に神奈川県相模原市で行われた「相模原市民桜まつり」において、銀河連邦の経済交流の一環として肝付町の特産品(つけあげ、かまぼこ、黒豚の串焼き、たんかん等)の販売・PRを行いました。

相模原市民桜祭りは、2日間で47万人もの来場者が訪れる一大イベントで、多くの方々に肝付町の特産をお買い求めいただきました。中でも、このイベントの恒例となっている(有)黒木養豚の黒豚の串焼きには長蛇の列ができ、あまりの人気で早いうちに売り切れてしまいました。

また、同じ銀河連邦のノシロ共和国、サク共和国、サンリクオオフナト共和国、タイキ共和国も参加し、各地の特産品が集まるコーナーとして人気を集めました。



野崎の鎌踊り

野崎地区の鎌踊り

2012年3月12日

3月11日(日)野崎の伊勢神社で、春を告げる鎌踊りが奉納されました。
山桜と藪椿(やぶつばき)を手に持つ歌い手の歌に合わせて鮮やかな衣装の踊り手が舞い、五穀豊穣が祈願されました。

今年は和田、津曲、水窪の3集落19組38人が参加しましたが、伊勢神社近くの天道池では3集落が一斉に踊りを披露し、春を告げる歌声と踊り手の掛け声が野崎地区に響き渡りました。

また、今回参加した中には3才の踊り手もおり、愛くるしい踊りに地域住民らからは笑みがこぼれ、一層にぎやかな鎌踊りとなりました。
天道池を後にした一行は、五穀豊穣や家内安全を願い、各集落内の家々を巡り、踊りを披露しました。



肝付町生涯学習大会

草野仁さん

2012年3月1日

2月26日(日)内之浦銀河アリーナで生涯学習大会が行われ、約650人の来場者がありました。
大会では、生涯学習功労者表彰や叙勲および伝達表彰などが行われたほか、5名の方々がまなび発表を行いました。

講演会では、テレビでおなじみの草野仁さんが「いつもチャレンジ精神で」と題し、NHKに入社し、アナウンサーとして鹿児島放送局へ赴任した際の思い出や経験、現在も司会を務める番組「世界・ふしぎ発見!」の秘話など、笑いを交えながら話されました。

これらの経験から草野さんは「自分が思っている可能性以外にも、人は様々な可能性を持っている。挫折してもセカンド、サードチャンスにチャレンジすれば良い」「年齢は事を成そうとするとき、阻害する要素には成りえない。逆に何かをやろうと思ったその年齢が適齢期だと思って挑戦して欲しい」と激励の言葉を投げかけました。