2012年9月~2012年11月

本文にジャンプします
2012年9月~2012年11月

「踊る地域案内所」が開設されました

「踊る地域案内所」オープニングイベント

2012年12月4日

12月2日(日)、川上中学校体育館に「踊る地域案内所」が開設されました。オープニングイベントでは、コンテンポラリーダンサーJOUさんとバレリーナの玉川智美さんによるコラボレーションが行われました。

JOUさんが所長を務める「踊る地域案内所」は、「アート×地域おこし」をテーマに、平成25年1月27日まで開設され、ダンスの練習風景を公開するとともに、肝付町のみならず大隅半島や鹿児島県に関する広域案内所として開かれます。

開設期間中は、竹灯籠作りワークショップや、フランス人ダンサーのルイ-クレモン・ダ コスタさんがゲスト所員として来日するなど、様々な取り組みが行われる予定です。



糸川英夫博士の銅像が建立されました

糸川英夫博士銅像

2012年11月11日

平成24年11月11日(日曜)、内之浦宇宙空間観測所内の「おおすみ記念碑」横に、糸川英夫博士の銅像が建立されました。太平洋の彼方を見据える力強いリーダー像となっています。

今年は、内之浦宇宙空間観測所が開設50周年を迎えるのに加え、観測所の生みの親でもある糸川博士の生誕100周年にあたることから、地元有志で「糸川英夫博士生誕100周年記念事業実行委員会(会長 肝付町長)」を立ち上げ、広く全国に協賛金の募集を行い建立したものです。

約1.7メートルの立像は、東京藝術大学美術学部の本郷寛教授により制作されており、銅像の横には、協賛者の氏名を刻んだプレートが設置されています。



流鏑馬奉納

流鏑馬

2012年10月21日

約900年の伝統を誇る「流鏑馬」が、四十九所神社に奉納されました。今年の射手は高山中2年生の益山麗斗君が務め、9本中8本の的を射抜き、その大役を無事に果たしてくれました。

約40日間に渡る練習の中で数度の落馬を体験し、また、流鏑馬保存会長の孫というプレッシャーもある中での射手でしたが、周囲の助けも借りながら乗り越えてきました。



「第2回きもつき情報化セミナー」を開催しました

セミナーの様子

2012年9月19日

9月16日(日)、川上中学校において「第2回きもつき情報化セミナー」を開催しました。台風接近の悪天候の中でしたが、町内外から多くの参加者がありました。

第2回となる今回は、IT系ネットメディア「TechWave」編集長の湯川鶴章氏による講演を始め、「TechWave塾」の塾生とセミナー参加者がグループワークを行いました。

ウェブを活用した地域活性化をテーマとしたグループワークでは、当初戸惑う様子も見られましたが、塾生達による第三者の視点からのヒントを皮切りに、非常に白熱した議論となりました。この勢いをこれからのまちづくりにつなげていきたいと思います。