散水器具購入補助について

本文にジャンプします
散水器具購入補助について
Clip to Evernote このエントリーをはてなブックマークに追加
畑に水がくる

事業期間内であれば散水器具購入補助制度があります


 肝属中部畑かん整備事業において、県営で実施される農地整備事業期間中であれば、散水器具購入のための補助制度(約8割)があり、約2割の自己負担で散水器具を購入することが可能になります。
 ※工事完了後は、全て自己負担となります。

 散水器具には様々な種類があり、播種や植え付け時、園芸ハウス内、防霜や渇水対策などに使用できます。
 補助制度には、一定の要件があります。

【給水栓設置について】
  ・工事期間内の設置は、農家の負担はありません。
  ・工事完了後の設置については、全て自己負担となります。

 参考リンク:肝属中部畑かん整備事業

散水器具

レインガン

レインガン
 野菜、さつまいも、飼料作物等の栽培に適しています。

 設置及び撤去作業が容易で、短時間での散水が可能です。

 スプリンクラーより水滴が遠くまで飛び、少ない台数で散水できます。

スプリンクラー

スプリンクラー
 多くの作物に適しています。

 移動式の場合は、設置や撤去作業に時間を要しますが複数の畑で使用が可能です。

 撤去の手間のかからない固定式の選択もできます。

噴射ホース

噴射ホース
 播種直後や背の低い作物に適しています。

 設置及び撤去作業が容易です。水滴が細かいため風の影響を受けやすい面があります。また、目詰まり防止のため濾過器(ストレーナー)の設置をお勧めします。

走行式散水器具

走行式散水器具:ロールカー

走行式散水器具:スマートレイン
 水圧駆動で畝間を自走しながら散水します。スプリンクラーやレインガンに比べ、器具の設置や撤去作業の労力が軽減されるので、複数の畑での交互利用に適しています。

【ロールカー:右写真上】
 30aほ場を6~8時間程度で散水。
 国営附帯県営事業(畑総)では、60a以上の水利用が必要です。

【スマートレイン:右写真下】
 30aほ場を4時間で散水。
 国営附帯県営事業(畑総)では、2ha以上の水利用が必要です。