2014年9月~2014年11月

本文にジャンプします
2014年9月~2014年11月

流鏑馬奉納

2番的を駆ける神馬と射手

2014年10月19日

10月19日(日)、四十九所神社の流鏑馬が奉納されました。興奮した馬が進路を急に変え、射手が2度も振り落されるアクシデントもありましたが、3走目は後射手が代役を果たし、2人で9本中4本を射抜きました。

本年度射手の川野雅君(高山中2年)は、空走りで落馬したにも関わらず気持ちを立て直し、勇敢に1走目、2走目に挑戦しましたが、2走目の3番的手前で馬が急旋回したことで振り落されてしまいました。
大事をとって病院へ行くことになり、無念の途中交代となりましたが、観客からは惜しみない拍手が送られました。

後射手は前年の射手が務めることになっており、馬場を駆ける人馬の後ろを走って追いかけ、射手の万一に備えているのですが、平成9年以来の出番となりました。



船間発電所稼動開始

船間発電所稼動式の様子

2014年9月6日

9月6日(土)、船間発電所の完成式典が行われました。現地で行われた稼動式では、テープカット・看板除幕、スイッチ押下が行われ、スイッチが押されると発電量が995kwを示し、本稼動を開始しました。

続く記念式では、一般町民も合わせた約200名が参加して銀河アリーナで行われ、石原伸晃前環境大臣や伊藤祐一郎鹿児島県知事などの来賓により祝辞が述べられました。

船間発電所は、九州発電株式会社が県内40箇所に計画する小水力発電施設の第1号であり、再生可能エネルギー導入の推進を図る町にとっても貢献してくれる施設であり、町と九州発電との間では平成24年8月に立地協定を締結しています。