不妊治療費助成事業について

本文にジャンプします
不妊治療費助成事業について
Clip to Evernote このエントリーをはてなブックマークに追加
 肝付町では、安心して子どもを産み育てることの環境づくりを推進するため、平成27年4月1日より、不妊治療の費用の一部を助成することとし、治療にかかる経済的負担の軽減を図ります。
助成の要件

 

1.肝付町に3か月以上住所を有する夫婦
 (婚姻の届出をしており、夫婦のどちらか一方若しくは両方が町内に住所を有すること)

2.夫及び妻の前年の所得の合計額が730万円未満(1月~5月までの申請については、前々年の所得の合計)

3.町税(保険料)や公共料金等の未納・滞納がないこと


 助成内容・期間についてはこちらをご覧ください(PDFファイル:119KB) 


※「用語解説」は「Weblio辞書」のページに移動します。内容については、Weblioまでお問い合わせください。