肝付町再生可能エネルギービジョンが策定されました

本文にジャンプします
肝付町再生可能エネルギービジョンが策定されました
Clip to Evernote このエントリーをはてなブックマークに追加

再生可能エネルギービジョンとは

 

■ 本ビジョンは、肝付町の自然環境や社会条件に適した再生可能エネルギー導入の可能性を探り、その導入施策を立案することにより、肝付町の活性化につながるまちづくり計画の一つとなるものです。
■ 本ビジョンでは、本町の自然環境や社会条件に適した再生可能エネルギー導入の可能性を探り、町域における省エネルギー促進及び再生可能エネルギー導入に関する基本方針や推進施策を明らかにし、本町の活性化につながる具体的な取り組みや主要プロジェクトの導入の方向性などについて検討します。
■ また、上位計画である「第1次肝付町総合振興計画」では、快適な生活環境の確保と限りある資源の保全や温暖化防止に配慮した経済活動を実践するため、環境に優しい自然エネルギーの適切な導入促進が位置づけられており、本ビジョンはその方針に基づく基本的な行動計画といえます。

計画の期間

 

 本ビジョンの計画期間は10年間とします。
 本ビジョン策定年(2012年度)を基準年として、前期及び後期の目標を定めます。
○前期目標:本ビジョン計画期間の中間年である2017年度とします。
○後期目標:本ビジョンの計画期間である2022年度とします。

再生可能エネルギービジョンの構成

再生可能エネルギービジョンは、以下の項目により構成されます。

1. 再生可能エネルギービジョン策定の意義と目的
2. 再生可能エネルギーとは
3. 本町のエネルギー需要量及び再生可能エネルギー導入量
4. 町民・事業者・中学生意向調査(アンケート調査)
5. 再生可能エネルギー利用の可能性評価
6. 目指す将来像とその実現に向けた視点
7. 再生可能エネルギー導入目標
8. 再生可能エネルギー導入プロジェクト
9. 再生可能エネルギー導入推進体制及び実施スケジュール

ダウンロード

 再生可能エネルギービジョン概要版(15.1MB)

 再生可能エネルギービジョン(6.25MB)

 再生可能エネルギービジョン資料編(38.3MB)