幼児教育・保育の無償化について

本文にジャンプします
幼児教育・保育の無償化について
Clip to Evernote このエントリーをはてなブックマークに追加

 町では、町内在住の3歳以上児に対し、保育所・認定こども園・幼稚園等の利用者負担額を平成29年4月分から無償化します。
※3歳以上児とは、当該年度前日の3月31日において満3歳以上の児童

 

肝付町は子育て世帯を全力で応援します

 肝付町では、社会全体で子育てをするという観点から、子育て家庭の生活の安定と子どもの健やかな成長を支援するために、子育て世帯の経済的負担軽減を図り、安心して子どもを産み育てる環境づくりを全力で進めます。

対象になる児童

次の2つの条件を満たす児童が無償化の対象になります。

  • 児童と保護者が、町内に住所を有している。(※町外に転出すると対象とはなりません。)
  • 当該年度前日の3月31日において満3歳に達している児童。
    (例)平成29年度の対象者は、平成29年3月31日時点で満3歳以上である方です。
    ※年度の途中で3歳の誕生日を迎えられた方も、すぐに無償化の対象にはなりません。 
基本の保育料などを無償化

 無償となる利用者負担は、基本の保育料・授業料です。各施設で定める、給食費・延長保育・教材費などの保護者の実費負担はかかります。
※肝付町民が他市町村の施設を利用する場合も対象。

【保育園・認定こども園利用の場合】

施設利用区分
(クラス年齢) 

認定区分 

0歳

1歳

2歳

3歳

4歳

5歳 

認定こども園
(幼稚園部分)

1号

 -

 無償化

認定保育所
認定こども園
(保育所部分)

2号

 -

 無償化

3号 

 保護者負担

 -


【幼稚園利用の場合】

 

 3歳児(年少)

 4歳児(年中)

5歳児(年長) 

 幼稚園 

無償化(全額補助)

 

認可外保育施設・事業所内保育所・一時預かり事業(一般型)

 認可外保育施設・事業所内保育所・一時預かり事業(一般型)を利用される保護者の方々へは、3歳以上児の施設利用料を定期的に助成いたします。
 助成対象者に該当する方は、福祉課 児童家庭係(電話0994-65-8413)まで事前にお問い合わせください。

【保育園・認定こども園利用の場合】

 

施設利用区分 

認定区分 

0歳

1歳

2歳

3歳

4歳

5歳 

認可外保育所
事業所内保育所

2号

施設と保護者が契約している月額利用料若しくは、町が保育料
算定して得た保護者負担額のどちらか低い方を基準として助成
します。
★町外施設(広域)を利用する町内居住者も該当とします。
★但し、助成対象は利用料金のみとします。

3号

従来どおり

一時預かり一般型

3歳以上児

従来どおり

利用料を助成


 幼児教育・保育料無償化(3歳以上児が対象)案内(448KB)


お問い合わせ先
認定こども園・認定保育所・認可外保育所・事業所内保育所・一時預かり一般型について
福祉課 0994-65-8413

幼稚園について
教育委員会教育総務課 0994-65-8425


※「用語解説」は「Weblio辞書」のページに移動します。内容については、Weblioまでお問い合わせください。