おおすみ半島スマートエネルギー株式会社

本文にジャンプします
おおすみ半島スマートエネルギー株式会社
Clip to Evernote このエントリーをはてなブックマークに追加
 肝付町と九州スマートコミュニティ株式会社(福岡県みやま市)は、地域で発電された再生可能エネルギーを供給する地域電力会社「おおすみ半島スマートエネルギー株式会社」を設立しました。
 生活インフラである電力を、自治体主導で安価に安定的に供給するだけでなく、住民の暮らしをより快適にする生活支援サービスの提供にも取り組みます。
新電力事業によるエネルギーの地産地消を目指すとともに、住民の生活向上と地域経済活動の促進を図る地方創生への取り組みを進めます。


会社概要

 

会社名

 

 おおすみ半島スマートエネルギー株式会社

設立

 

 平成29年1月5日

所在地

 
 〒893-1207 鹿児島県肝属郡肝付町新富98番地(肝付町役場内)

資本金

  500万円
 (肝付町:335万円・九州スマートコミュニティ株式会社:165万円)

役員等

 

 代表取締役社長:磯部 達(みやまスマートエネルギー株式会社代表取締役社長)
 取締役:永野 和行(鹿児島県肝付町長)
 取締役:服部 景(九州スマートコミュニティ株式会社取締役)
 会計参与:窪田 伸一(税理士)
 顧問:西原 親(福岡県みやま市長)

設立理念

 

  • 地域資源で稼げる町づくり 
  • エネルギーを地産地消する環境にやさしい地域づくり 
  • 電力とICTを活用した地域事業の拡大と創出 
  • 地域経済の循環に貢献する大隅半島地域の新電力事業会社

 

設立記者発表の様子 (平成29年1月16日)