住宅用燃料電池(エネファーム)設置費補助金制度について

本文にジャンプします
住宅用燃料電池(エネファーム)設置費補助金制度について
Clip to Evernote このエントリーをはてなブックマークに追加
エネルギー利用効率が非常に高く、地球資源の保全や温暖化防止に大きく貢献できる住宅用燃料電池の設置者を支援し、電力の地産地消及び災害等による停電時における独立電源設備の普及を促進することにより、エネルギーの自給率の向上及び災害に強い地域づくりに取り組みます。
  

要件等

 交付対象機器 一般社団法人燃料電池普及促進協会に登録されている未使用のものであり、平成30年4月1日以降に設置される燃料電池 
 交付対象者  次の要件を全て満たす者
 ▪町内に自ら居住し、又は居住しようとする住宅に燃料電池を設置する者、若しくは建売住宅供給者等から町内にある燃料電池付き住宅を購入し居住する者
 ▪町内に住所を有し、住民基本台帳に記録されている者
 ▪町税等に滞納がない者
 ▪町が第三セクター方式で設立した「おおすみ半島スマートエネルギー株式会社」からの電力供給を受ける者
 設置場所の要件  次の要件を全て満たすこと
 ▪専用住宅、又は住居の用に供する部分の床面積が延床面積の2分の1以上である併用住宅であること
 ▪過去に補助金の交付を受けて燃料電池を設置したことがない住宅であること
 補助金の額  1基あたり8万円
 ※住宅1棟につき燃料電池1基が限度
 ※補助金には限りがあります。補助申請前にご確認ください
 申請の期限  燃料電池の置工事が完了した日、若しくは燃料電池付き住宅の引渡しを受けた日から6か月以内
 ※詳細につきましては、住宅用燃料電池設置費補助金交付要綱をご確認ください。
  

要綱

 □ 住宅用燃料電池設置費補助金交付要綱(228KB)
  

申請書ダウンロード

 □ 燃料電池設置費補助金交付申請 (請求) 書( Word:22KBPDF:151KB )
 □ 燃料電池設置費補助金交付に係る確認書( Word:22KBPDF:164KB )