鹿児島大学ハイブリッドロケット

本文にジャンプします
鹿児島大学ハイブリッドロケット
Clip to Evernote このエントリーをはてなブックマークに追加

鹿児島大学ハイブリッドロケット開発及び打ち上げについて

~プロジェクトの経緯~
 このプロジェクトは、鹿児島大学を中心とする「鹿児島ハイブリッドロケット研究会(Team KROX)」が、『日本で唯一ロケット基地のある鹿児島から宇宙開発の火を消してはならない』という思いを胸に、平成28年度から小型ハイブリッドロケットの開発を行っているものです。
 現在もJAXA(内之浦宇宙空間観測所)や民間企業の協力も得ながら、打ち上げに向けて研究を続けています。

~肝付町の役割~
 開発の中で発射場所を探していた「鹿児島ハイブリッドロケット研究会」と、民間の力を用いた宇宙関連事業の誘致を目指している「肝付町」の思いが一つになって、協力体制を築き、今回の打ち上げ場所の決定に至りました。
 肝付町は実際の打ち上げに向けて、「打ち上げ場所の選定」、「地域住民や関係団体への周知・説明」、「見学者の対応」や「宇宙の町:肝付町のPR」といった役割が求められます。

~今後の展望~

 今後も肝付町は鹿児島ハイブリッドロケット研究会や関係機関と綿密に連携して、このプロジェクトの成功に向けて取り組んでいきます。
 長期的な展望では、今回のような民間のロケット研究や宇宙開発に積極的に協力し、肝付町の発展や宇宙関連事業の開拓に繋げていきたいと考えます。