平成31年度 肝付町「地域おこし協力隊」募集します

本文にジャンプします
平成31年度 肝付町「地域おこし協力隊」募集します
Clip to Evernote このエントリーをはてなブックマークに追加

 肝付町は鹿児島県大隅半島の東側に位置する農林水産業を主産業とする地域で、「はやぶさ・イプシロン」等の打ち上げで注目を集める内之浦宇宙空間観測所を有する町です。

 近年、少子高齢化による人口減少・過疎化が急速に進み、特に周辺部の集落においては若者減少による集落活動の維持が困難となるなど、地域活力の減少が懸念されています。

 私たちのまち(地域)を将来にわたって持続・発展させるために、地域外の人材を積極的に受け入れることにより、地域の元気づくり・地域活性化の新たな展開を期待し、次のとおり「地域おこし協力隊」を募集いたします。協力隊員はそれぞれの役割ばかりでなく、他の協力隊と連携した総合的な地域おこし活動も担います。

 地域おこし協力隊としての活動後に、肝付町で起業・就業するという熱い思いを持った方の応募をお待ちしております。


募集要項
雇用関係の有無 あり
業務概要 (1)“地域が輝く、陸の宝島・岸良”地域おこし協力隊(1名)           
 平成28年、肝付町岸良地域の住民が地域の活性化を目的に設立したNPO法人「陸の宝島・岸良」。大隅半島南東部に自生する高酸柑橘類“辺塚だいだい”を活かした取組を進める。平成29年には、“辺塚だいだい”が農林水産省の地理的表示(GI)保護制度に登録される。酸味を活かした果汁・シロップ等の加工品開発を行う。最近は、マーマレードやケーキなどのスイーツの素材として注目を集める。現在、1名の地域おこし協力隊が活動中、NPOを中心として地域活動拡大のため、新たに地域おこし協力隊1名を募集します。


(2)“ゆったり家族で田舎暮らし”地域おこし協力隊(2名)           
ゆったりとした時間が流れる田舎での家族暮らし(2人以上)を町は提唱します。
ご夫婦の場合、おひとりはお勤め(地域の会社勤務)、もうひとりは地域おこし協力隊として活動します。移住前に地域おこし協力隊の業務の限定は行わず、移住後に自分のスキルを活かした内容で取組内容を決めて活動することとします。
お勤め先については、町が事前に紹介し、本人が直接連絡を行うものとします。
町の提唱する暮らしに賛同する地域おこし協力隊2名を募集します。

(3)“インバウンドどんどん推進”地域おこし協力隊(1名)              
からいも交流(国際交流)に始まり、平成28年からは国際交流員(CIR)導入、平成29年には「内之浦日韓交流推進協議会」が設立されるなど、内之浦地域住民の国際交流熱が高まっている。現在は人的交流・文化交流が中心であるが、今後はスポーツ交流・経済交流等にも幅を広げ、より活発な国際交流活動の実践を図っていく。そこで、外国人の観光誘致を積極的に行う、また交流活動の拡大を進める地域おこし協力隊(1名)を募集します。

(4)“あなたの能力発揮・提案型”地域おこし協力隊(1名)             
 あえて地域おこし協力隊の業務内容を提示せず、あなたの得意分野・キャリア等を活かし、あなただからできる自由な地域おこし活動を行っていただきます。
 やる気と自信あふれる、地域おこし協力隊1名を募集します。

募集対象 (1)任用の日において18歳以上50歳未満の者
※“ゆったり家族で田舎暮らし”地域おこし協力隊を除く

(2)申込みの時点で、生活の拠点として三大都市圏をはじめとする都市地域等に居住し、住民登録をしている方

(3)「地域おこし」への理解と熱意があり、積極的に活動できる方

(4)委嘱後、肝付町内に生活の拠点を移し、住民票を異動できる方
また活動終了後も肝付町に定住する意思がある方

(5)心身ともに健康で地域になじむ意思があり、誠実に職務を行うことができる方

(6)普通運転免許を取得している方(取得見込みも含む)

(7)基本的なパソコン操作(ワード・エクセル等)ができる方
募集人数 (1)“地域が輝く、陸の宝島・岸良”地域おこし協力隊・・・・・・・1名

(2)“ゆったり家族で田舎暮らし”地域おこし協力隊・・・・・・・・2名

(3)“インバウンドどんどん推進”地域おこし協力隊・・・・・・・・1名

(4)“あなたの能力発揮・提案型”地域おこし協力隊・・・・・・・・1名
勤務地 肝付町内
勤務時間 1日あたり8時間、月20日勤務を基本とします。
※早朝、夜間、土・日・祝日に活動する場合は、活動時間の振替で調整していただきます。
雇用形態・期間 肝付町の非常勤職員として肝付町長が委嘱します。
期間は平成31年4月から平成32年3月までとし、最長2年の再任が可能です。
平成32年3月のミーティングで、次年度以降の委嘱について決定させていただきます。
給与・賃金等 165,000円/月を基本とします。
待遇・福利厚生 (1)住宅等
 住宅は町で用意し、町が家賃を全額負担します。(予算の範囲内)
 光熱水費は個人負担となります。

(2)活動車輌等
 持込車輌または公用車の使用となります。
 活動に関する燃料費は町が負担します。

(3)保険等    
 社会保険(雇用保険・健康保険・厚生年金)、労働保険(労災)に加入します。
 保険料の個人負担は報酬から控除します。

(4)その他    
 活動に伴う研修費、旅費、消耗品、備品等は予算の範囲内で町が負担します。
申込受付期間 平成30年12月1日(土曜日)~平成31年1月31日(木曜日)必着
審査方法 (1)第1次選考
 書類選考により結果を2月上旬に応募者全員に文書で通知します。
1.申込受付期間
平成30年12月1日~平成31年1月31日必着
※持参の場合は、土日祝日を除く午前8時30分~午後5時まで。
2.
提出書類
・履歴書(写真添付・携帯等連絡先を必ず記入すること)
・レポート400字程度(テーマ:私の考える「地域おこし協力隊」)
※提出された書類は返却いたしません。
3.提出先
〒893-1207 鹿児島県肝属郡肝付町新富98
肝付町役場 企画調整課 企画調整係
電 話/0994-65-8422 FAX/0994-65-2587
Email/kikaku@town.kimotsuki.lg.jp
※ ご質問はメールでお願いします。

(2)第2次選考
第1次選考合格者を対象に肝付町で面接を行います。
第2次選考の日程等詳細については、第1次選考結果通知の際にお知らせいたします。なお、第2次選考に要する交通費等は個人負担とします。
※選考結果は3月上旬に文書で通知します。
備考 ご質問はメールでお願いします。
E mail /
kikaku@town.kimotsuki.lg.jp


  募集要項(22.8KB)