男女共同参画基本計画

本文にジャンプします
男女共同参画基本計画
Clip to Evernote このエントリーをはてなブックマークに追加

計画策定の背景

 平成11年に制定された男女共同参画社会基本法(平成11年法律第78号。以下「法」という。)により、男女共同参画社会の形成の促進は、21世紀の我が国社会を構成する国民一人一人にかかわる国政上の最重要課題として位置づけられています。また、同法第14条第3項で、市町村において定めるよう努めなければならないと規定されています。

 また、鹿児島県においても、男女共同参画社会の形成を総合的かつ計画的に推進することを目的として、鹿児島県男女平等参画推進条例を平成13年12月に制定しています。

 参考リンク
鹿児島県男女平等参画推進条例
男女共同参画の推進(鹿児島県)
男女共同参画の啓発(鹿児島県)
鹿児島県男女共同参画センター(鹿児島県)

 本町も、豊かで活力ある地域づくりを推進し、「県下一元気なまち肝付」の実現のために、誰もが人権を尊重され、性別にかかわりなく、その個性と能力を十分に発揮することができる男女共同参画社会実現への取り組みが喫緊の課題となっていました。

肝付町男女共同参画基本計画

肝付町男女共同参画基本計画
 平成24年11月、最近の社会情勢の変化や国の新たな男女共同参画基本計画に対応した計画を策定しました。
 策定にあたっては、町民意識調査を実施し、計画の内容については、広範囲な各分野からの意見を反映させ総合的な政策を推進するため、町内有識者・関係団体代表などによる「男女共同参画推進協議会」と庁内全課長で構成する「男女共同参画行政推進会議」において十分な検討を行いました。

計画の期間

平成24年度から平成33年度までの10年間
※実施事業については5年間を一区切りとして見直しをいたします。
※その他、社会・経済環境の変化を踏まえ、必要に応じて見直しを行います。

肝付町男女共同参画基本計画書

 計画書の内容については、下記よりダウンロードしてご覧いただけます。是非、家庭や地域、職場で改めて男女共同参画社会について理解を深めていただきたいと思います。