各種検診

本文にジャンプします
各種検診
Clip to Evernote このエントリーをはてなブックマークに追加

女性がん検診

低線量CT肺がん検診費助成事業について

2012年6月26日

県では、低線量CTによる肺がん検診費用の一部助成を行っています。

肺がんによる死亡は、本県のがんによる死因の第1位で、年々増える傾向にあります。そのため県では、肺がんの早期発見に有効とされている、低線量CTによる肺がん検診を、多くのかたに受診していただけるよう、検診費用の一部を助成します。
県に登録された医療機関等(一次検診機関)において、低負担で低線量CT肺がん検診を受診できます。

対象

県内に居住されている方で、受診日時点において満50歳以上の方

※肺がん治療中や肺がん疑いや肺がん術後で経過観察中などで医師の管理下にある方は除きます。
※町のがん検診などで、「要精密検査」となった方は除きます。

検診費用

3,150円
(通常、検診を受診する場合の自己負担額と比べ3割以下の額です)

定員

8千人を上限とします


実施期間

平成24年6月1日から平成25年3月末まで
※検診機関によって若干異なることがあります


受診するには

県と契約した一次検診機関に直接電話等で予約してください。

 平成24年度低線量CT肺がん検診一次検診機関名簿(PDFファイル:54KB)

持っていくもの

受診の際は、住所と生年月日が確認できる書類(運転免許証、健康保険証など)をお持ちください。


問い合わせ先

鹿児島県保健福祉部健康増進課 電話099-286-2721

がん検診受診の必要性

 がん検診は、がんの予防及び早期発見のために重要です。
 これまでの研究の成果によって、胃がん、肺がん、乳がん、子宮頸がん、大腸がんの5つのがんは、それぞれ特定の方法で行う検診を受けることによって早期に発見でき、さらに治療を行うことで死亡率が低下することが科学的に証明されています。早期で見つけられれば、がんは決して怖い病気ではありません。

(注)年度末年齢75歳以上の方、前年度非課税世帯の方、生活保護世帯の方は無料で受診できます。
(注)乳がん、子宮がん検診は全受診者料金が発生します。

 平成29年度集団検診日程表(95KB)

胃がん・大腸がん・前立線がん・腹部超音波・肝炎ウイルス

 
胃がん・大腸がん・前立線がん・腹部超音波・肝炎ウイルス検診は特定健康診査と同時実施しています。

 

種別

対象者

検査内容

負担額

胃がん検診 40歳以上のかた 問診・バリウムによるX線間接撮影 1,500円
大腸がん検診 40歳以上のかた 便潜血反応検査(2日法) 500円
前立腺がん検診 40歳以上の男性 血液検査
1,000円
腹部超音波検診
40歳以上のかた  
1,000円
肝炎ウイルス検診
今年度40歳になるかた、
または未受診のかた
血液検査
無料

肺がん

各地区を巡回して実施します。

 
種別

 対象者

検査内容
負担額

肺がん検診

 40歳以上のかた レントゲン間接撮影 
100円
肺がん
喀痰検査
 40歳以上のかた 喀痰検査
問診の結果必要なかた、または希望されるかた。
1,000円

(注)治療中のかた、今年度同様の検査を受診されたかたは除きます。

結核

 結核は依然として、日本でも年間約3万人、一日に約80人が発病している国内最大の感染症の一つです。いったん発病すると数ヶ月に及ぶ治療が必要となり、日常生活に大きな支障をきたすこともあります。
 早期発見・早期治療がとても重要です。

 

 対象者は、今年度65歳以上のかたです。検診車が各地区を巡回しますので、お近くの会場で受診してください。(詳しくは、個別に送られてくる通知をご覧ください。)

(注)65歳以上のかたは、結核検診を年一回受診する義務があります。(ただし、治療中のかた、今年度同様の検査を受診されたかたは除きます。)

女性の検診


各地区を巡回して実施します。
検診内容等は下記のとおりです。

 

種別

対象者

検査内容

負担額

子宮頸がん検診
 20歳以上の女性 問診・視診・細胞診
 1,000円
  乳がん検診 30歳から39歳の女性 超音波検査  2,000円
 40歳以上の女性 超音波検査・マンモグラフィー撮影
 2,000円
骨粗しょう症検診
 40歳以上の女性 踵骨超音波測定
  500円

(注)上記検診については、集団検診の内容となります。
(注)乳がん、子宮がん検診は個別検診を行っております。集団検診とは内容・負担額が異なりますので詳しくは健康増進課までお問い合わせください。


※「用語解説」は「Weblio辞書」のページに移動します。内容については、Weblioまでお問い合わせください。