戸籍住民係

本文にジャンプします
戸籍住民係
Clip to Evernote このエントリーをはてなブックマークに追加

外国人住民のかたに仮住民票を送付します

2012年5月28日
 平成24年7月9日(月曜)に、入国管理法等の改正による新たな在留管理制度が導入され、外国人にも日本人と同じように住民票が作成されます。住民票作成対象のかたには、外国人登録原票を基にして仮住民票を作成して通知します。
 対象となるかたで、5月25日を過ぎても仮住民票が届かない場合は、肝付町役場住民課までお越しください。
 仮住民票は7月9日(月曜)に正式な住民票になります。

住民票が作成されるかた

 在留資格が「留学」、「家族滞在」、「日本人の配偶者等」など、3か月より長く日本に滞在できるかたや、「特別永住者」のかたなどが対象です。
※在留期間が「3か月」以下の場合や「短期滞在」や在留資格がない場合は、外国人登録をしていても住民票は作成されません。

印鑑登録についての注意

 印鑑登録ができるのは住民票が作成されるかただけです。住民票が作成されないかたは、印鑑登録をしていても、7月9日に印鑑登録がなくなります。印鑑登録がなくなるかたには、「印鑑登録抹消通知」を送付します。

仮住民票の内容確認について

 仮住民票が届いたら、内容が事実と合っているか、必ず確認してください。内容が正しい場合は、特に手続きの必要はありません。訂正や変更がある場合は、外国人登録の変更手続きが必要となりますので、肝付町役場住民課の窓口にお越しください。
 なお、外国人登録証明書の氏名が漢字で書かれているかたで、中国や台湾で使われている漢字や、韓国や朝鮮で使われている漢字を使用している場合は、日本の漢字に置き換えて住民票に記載します。

日本人と同じ世帯のかた

 日本人と同じ世帯であれば、住民票には日本人と外国人を一緒に記載します。住民票を作成するにあたって、世帯主は外国人登録証明書の記載に従っています。
 家族事項の登録や変更等を届け出ていない場合は、同じ住所でも別世帯になっていることがありますので、修正が必要な場合は、肝付町役場住民課の窓口へお越しください。

正確な外国人登録のお願い

 住民票は、外国人登録の内容を元に作成されます。住所の変更等を住民課に届けていないかたは、住所が確認できず、住民票が作成されない場合があります。新制度に円滑に移行するために、正確な外国人登録をお願いします。

関連情報

「 5月から外国人住民の住民票の作成準備がスタートします。」(総務省)