畜産の話題

本文にジャンプします
畜産の話題
Clip to Evernote このエントリーをはてなブックマークに追加
ここでは、畜産振興に務める町内の畜産農家の話題等を提供します。

(有)黒木養豚、JA鹿児島県豚枝肉共励会において九州農政局長賞に輝く

2012年7月18日
 平成24年5月8日に肝属郡肉豚枝肉共励会がJA食肉かごしま鹿屋工場で開催され、白豚の部(4頭組)4組16頭、黒豚の部(3頭組)18組54頭が出品されました。その中で本町の(有)黒木養豚が出品された黒豚3頭が全て上の上に格付けされ、見事総合1席に輝きました。

 また、6月22日にはJA鹿児島県豚枝肉共励会が曽於市の南九州畜産興業で開催され、県内7地区から、JA系統の養豚農家が育てた白豚(4頭組)20組、黒豚(3頭組)21組の計143頭が出品されました。肝付町からは、(有)黒木養豚が肝属郡代表として出品し、極上1頭、上の上2頭というすばらしい成績で、個人部門2席・九州農政局長賞に輝きました。また、白豚の部では全体で極上は6頭でしたが、背脂肪の厚くなりやすい黒豚の部では63頭中、極上は(有)黒木養豚の1頭のみでした。

 (有)黒木養豚の黒木強(クロキツトム)専務に話を伺うと、「今回は、この県豚枝肉共励会を目指して、子豚の頃から豚を選抜し、技術員の方々と検討に検討を重ね、やってきました。極上を出すことができたことは嬉しいですが、これからも更に技術研鑽を重ね、味も肉質も販売者や消費者の方々に喜ばれる豚肉生産を頑張りたいです。」とのことでした。 これからも肝付町産黒豚・白豚の名声を高め、銘柄確立へ向けて頑張ってください。

(有)黒木養豚の黒木強専務
賞状を手にする(有)黒木養豚の黒木強(クロキツトム)専務