地域包括支援センター

本文にジャンプします
地域包括支援センター
Clip to Evernote このエントリーをはてなブックマークに追加

肝付町地域ケアを支える仲間たちの集い

2013年1月29日
 病気になっても、障がいがあっても、年をとっても住み慣れた地域で暮らしたいという想いは誰もがもっています。しかし、療養や介護への不安はご本人やご家族のみでは解決できないことも多くあるかもしれません。

 そこで、住み慣れた地域で暮らし続けるためにご本人ができること、ご家族ができること、地域ができること、医療ができること、介護や福祉事業所ができること、行政ができることを考えてみたいと思います。すべての皆さんが地域ケアを支える仲間です。この集いの中で学びあい支えあいつながっていきましょう!

開催日時

平成25年2月10日(日曜日) 午後1時~午後4時30分
会場:肝付町文化センター 大ホール  (地図はこちらで)

対象

住み慣れた地域で暮らして生きたいと思う方はどなたでも(入場無料)

タイムスケジュール

午後1時  ~ 肝付町長からのメッセージ

午後1時5分~ まなびの集い(講演)
  演題:「最期までその人が望むように生を全うできるまちづくりを目指して」
  講師:ホームホスピス宮崎 理事長 市原美穂氏 (ホームホスピス宮崎のホームページへ)

午後1時35分~ 語りあいのつどい(パネルディスカッション)
  テーマ:「住み慣れた地域で生きるために一人ひとりから伝えられた想いと役割」
   コーディネーター:肝付町地域包括支援センター保健師 能勢佳子
   オブザーバー:ホームホスピス 宮崎理事長 市原美穂氏
   パネリスト 
      ●医師の立場から  
         医療法人南泉会 高山胃腸科外科 院長   南曲尚氏
      ●看護師の立場から 
         医療法人春陽会 春陽会中央病院 看護部長 喜名田紀久代氏
      ●介護支援専門員の立場から 
         社会福祉法人 肝付町社会福祉協議会
                      主任介護支援専門員 船倉厚子氏
      ●ご本人の立場から
         インタビュー出演(音声のみ)肝付町内で療養している30代女性

午後3時~ いやしのつどい(ミュージックセラピー)
   ハープコンサート・ミュージックセラピー
    「あなたのこころ色はいのち色してますか?」
         ハープ奏者  池田千鶴子氏 (池田氏公式サイトはこちらへ)

主催・後援

主催:肝付町、肝付町社会福祉協議会
後援:鹿児島県、肝属東部医師会、鹿児島県介護支援専門員協議会、特定非営利活動法人きもつき情報化推進センター

ダウンロード

肝付町地域ケアを支える仲間たちの集いチラシ( 251KB)

アドビリーダのダウンロード
※PDFファイルをご覧頂くにはアドビリーダーが必要です。
お持ちでない場合はこちらからダウンロードのうえインストールしてください。

お問い合わせ先
肝付町地域包括支援センター 0994-65-8419
肝付町社会福祉協議会    0994-68-8188


地域包括支援センターとは

地域包括支援センターはどこにある?


※「用語解説」は「Weblio辞書」のページに移動します。内容については、Weblioまでお問い合わせください。