税務課

本文にジャンプします
税務課
Clip to Evernote このエントリーをはてなブックマークに追加

防災・減災のため住民税の均等割額が増額になります。

2014年5月8日
「東日本大震災からの復興に関し地方公共団体が実施する防災のための施策に必要な財源の確保に係る地方税の臨時特例に関する法律」の施行により、平成26年度から35年度の10年間、住民税の均等割額が町・県民税それぞれ500円引き上げられます。
臨時増税による住民税の均等割の額
  平成25年度課税まで 平成26年度課税 平成27年度~平成35年度課税
標準税率 超過税率
(森林環境税)
標準税率 超過税率
(森林環境税) 
標準税率 超過税率
(森林環境税) 
通常 通常 臨時増税 通常 臨時増税




個人町民税 3,000円  - 3,000円  500円 -  3,000円 500円
個人県民税 1,000円  500円 1,000円  500円  500円 1,000円 500円
合計 4,500円  5,500円 5,000円
※個人に対する森林環境税は、平成17年度から施行され平成22年度に5年間延長されました。
 (県条例における課税期間は、現行では平成26年度までとなっています。)