健康増進課

本文にジャンプします
健康増進課
Clip to Evernote このエントリーをはてなブックマークに追加

粒子線がん治療費利子補給事業について

2015年1月7日
 鹿児島県では、県民が粒子線治療を受けやすい環境を整備するため、メディポリス指宿「がん粒子線治療研究センター」において粒子線治療を受ける患者本人やその家族等が治療費を金融機関から借り受けた場合に、利子の一部を助成する制度を実施しています。制度の概要は以下のとおりです。
なお、詳細は下記問い合わせ先へ直接お問い合わせください。

 関連リンク
メディポリスがん粒子線治療研究センター
粒子線がん治療費の利子補給制度について(鹿児島県)

1 利子補給の対象者

 「がん粒子線治療研究センター」で粒子線治療を受け、治療費の支払いのために金融機関から借入を行った患者本人又はその家族等(親族、同一世帯に属する方)とします。
 ただし、患者本人は、治療開始時点において、県内に1年以上在住している方であり、世帯全員の課税総所得金額が600万円以下の世帯に属する方とします。

2 借入限度額及び利子補給の割合等

(1)対象借入金
  金融機関からの借入金のうち粒子線治療科相当額(限度額:2,883千円)とします。
(2)利子補給率
  ・年利率(6%以内)の100%:住民税非課税世帯に属する方
  ・年利率(6%以内)の50%:世帯全員の課税総所得金額が600万円以下の世帯に属する方
(3)利子補給期間
  5年(60月)を限度とします。

3 申請に必要な書類

(1)利子補給金承認申請書
(2)金銭消費貸借契約書の写し
(3)金融機関が発行する返済予定表の写し
(4)患者の属する世帯全員の住民票及び所得証明書
(5)粒子線治療を受けることの同意書の写し
(6)親族とみなされることを証する書類(親族が申請者となる場合のみ)
(7)その他知事が必要と認める書類

4 申請から支払いまでの流れ

ア 申請
 (1)申請者が利子補給の承認申請書を県に提出
 (2)県が承認・不承認を決定し、申請者へ通知
イ 支払い
 (3)アで承認された方は、各年1月から12月までの利子支払合計額を交付申請兼実績報告書により県に提出(年1回。翌年2月末日までに提出)
 (4)県は交付額を決定し、1年分の利子支払い額を一括して交付

※申請書等は、県ホームページからのダウンロード及び各地域振興局保健福祉環境部健康企画課で入手できます。

お問い合わせ先

鹿児島県 保健福祉部 地域医療整備課 地域医療係
電話:099-286-2693