広報きもつき 5月号
7/32

72016.05update町役場へ報告に訪れた下園さん(中央) 平成28年3月8、9日に東京で開催された第55回全国青年農業者会議に九州・沖縄ブロック代表として出場した下園政雄さんが全国農業青年クラブ連絡協議会会長賞を受賞しました。下園さんはベテラン農家の感覚に基づく技術を新規就農者でも行いやすくするための「技術の見える化」に関する水稲のプロジェクトについて発表しました。握手を交わす松元さん(左)と山神さん 町消防団長の辞令交付式が4月1日に行われ、松元幸四郎団長に代わり山神良明さんが新たに消防団長に就任しました。松元さんは昭和42年に入団し、平成24年4月から4年間、団長を務めました。新消防団長の山神さんは、約2年にわたり副団長を務め松元団長を支えてきました。永野町長からの辞令交付後、2人は固く握手を交わしました。春の全国交通安全運動に合わせたキャンペーン活動が4月11日、宮之馬場付近の交差点で実施され、町交通安全運動推進協議会のメンバーが道行くドライバーに安全運転を呼びかけました。また6日には肝付署があんぜん・あんしん大使として委嘱しているはやぶさキングも高山小前での運動に参加しました。宮之馬場交差点で交通安全運動「地域支えあいの集いin岸良」が3月19日、「きやんせ岸良の家」で開催されました。災害時に孤立する可能性が高い地域であることから町社会福祉協議会により非常炊き出しの説明や訓練が行われました。また、認知症についての講演がありました。参加者は「ご近所さんとも久しぶりに会えて元気になりました」と話していました。岸良で地域支えあいの集い海元豊和さん(内之浦中3年)が3月17日、内之浦総合支所に木製のベンチを寄贈しました。公共乗り物の利用体験をした際、バス停にベンチがなく、不便ではないかと感じたことから担任に相談、自分で図案を書き、製作しました。海元さんは「将来は手先の器用さをいかした仕事をしたい」と夢を語ってくれました。総合支所にベンチ寄贈全国青年農業者会議下園さんが会長賞受賞町消防団長辞令交付式松元団長から山神団長へ

元のページ 

page 7

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です