広報きもつき 2017年8月号
6/32

62017.0890代も参加した柵づくり工夫しながら取り組みます 岸良小中学校校庭の水田と畑をイノシシ被害から守ろうと、6月10日、CS(コミュニティースクール)運営委員会と岸良地域づくり協議会、保護者らが防御ネットを設置しました。分担して手際よく作業を進めるなか、中原栄子CS会長は「先生たちも地域の草払いなどに協力してくれるのでお互い様です」と話していました。 内之浦銀河アリーナで、6月22日、YACうちのうら銀河分団団員ら約40名が牛乳パックを利用するなど、ユニークな紙飛行機づくりに挑戦しました。 団員の国見小学校6年の松山和子さんは「作ったことのない紙飛行機もあり、楽しく作れました。飛ばすのにも、工夫が必要です」と話していました。草刈りと清掃に取り組む参加者内之浦小の子どもたちと記念撮影 国見小・中PTA保護者を中心とする「国見の会」のメンバー約20名が6月18日、国見保育園から本城川までの通学路周辺の草刈りと清掃活動を行いました。 同会は保護者間の親睦を深めることや国見・川上地区の活性化を目的に昨年度発足し、校区内のロードミラーの清掃などに取り組んでいます。 町合併10周年記念事業として公演した韓国のイ・ソンギョン舞踊団とミュージカル団マックシアターの各代表を務めるイ・ソンギョンさんとユン・ジョンインさんが7月14日、東京での公演後、肝付町を訪問しました。2人は町役場で永野町長にあいさつした後、内之浦小学校で4年生の児童に韓国語を教えるなどして交流を深めました。紙飛行機づくりに挑戦YACうちのうら銀河分団学校の田畑守ろう地域の協力で柵設置イ・ソンギョンさんら来訪 さらに交流深める通学路をきれいに国見の会が清掃活動

元のページ  ../index.html#6

このブックを見る