広報きもつき 2017年8月号
9/32

92017.08大正9年高山駅として開業。762 mm軌間の終着駅。大正10年 高山 ー 串良間の開業で中間駅となる。昭和10年 国鉄・古江線の駅となる。大隅高山駅に改称。昭和13年大水害の被害を受ける。昭和21年営林局専用線として荒荷線を40 m延長する。昭和38年九州公豚社専用線使用開始熊本営林局専用線廃止。昭和40年駅舎を改築昭和46年貨物営業廃止。昭和47年志布志駅 ー国分駅間全通古江線が大隅線に改称昭和62年大隅線の全線廃止に伴い廃駅となる。昭和28年起重機電動化。昭和32年見通し不良対策として下り場内信号機移設。昭和34年見通し不良対策として上り場内信号機移設。昭和16年上り貨物線を35 mへ延伸。年出来事 昭和25年以降は乗合バスが発達し、内之浦〜高山〜鹿屋〜垂水(鹿児島)と運行回数の増加に伴い、しばらくの間、鉄道旅客数が減少しました。その反面、貨物の方は列車の定期化などで軌道に乗っていきました。 昭和30年にディーゼルカーが登場すると旅客便の運行回数も増え、乗降者数が少しずつ増えていき、さらに昭和38年には九州公豚社枝肉工場の専用線も開設。大隅産の新鮮な食肉が各地に出荷されました。 大隅高山駅は鹿屋駅に次ぐ主要駅となり、時代の先端を走る、内之浦宇宙空間観測所への表玄関として利用度が増え、昭和40年に駅舎を改築。駅前広場や駅前通りも整備され、隆盛を極めました。 昭和47年には海潟〜国分間を延伸開業し、全通。大隅線と名を改めました。

元のページ  ../index.html#9

このブックを見る