広報きもつき 2017年9月号
27/32

272017.09education報告に訪れた生徒ら上級生が教えながら植え付け 県中学校総合体育大会(柔道競技大会は7月25、26日開催)に肝属地区代表として出場した波野中学校女子柔道部が団体戦4位入賞という好成績をおさめました。3年生の内倉亜依莉さん、黒木美里さん、1年生の内倉咲玖良さんが8月10日、町役場を訪れ、笑顔で結果を報告しました。亜依莉さんは個人でも優勝という快挙を成し遂げました。 国際宇宙ステーションに約2週間滞在した宇宙大豆7世代目の植え付けが7月18日に行われました。岸良小の子どもたちが植え付けを繰り返し、増やしているもので、今年から中学生も植え付けに参加しました。 昨年は台風の影響等で収穫ができなかっただけに子どもたちは「今年は元気に育つよう心を込めて種を蒔きました」と話していました。宇宙大豆7世代目岸良で植え付け波野中女子柔道部が県総体団体戦4位 ふと気づけば、少しずつ日が短くなっていますね。夜に聞こえる外の音が、蛙の合唱から虫の音に変わりました。日中はまだまだ暑いですが、季節は確実に進んでいるのだなと感じます。 今年は初めて梅干し作りを教わりました。梅干しはきれいに染まらない人もいるそうですね。私はどちらだろうとドキドキしていましたが、赤紫蘇をもんだ手は赤くなり、梅もきれいに染まり大成功でした。帰省の際に持ち帰ったら両親が驚いていました。 7月中旬から8月初旬にかけて毎週、川上地区内の奉仕作業に参加していました。どの集落も人口減少と高齢化で作業が大変と聞き、少しでも力になれたらと参加しましたが、80歳を超えた方でも刈払機を操り、鉈で木の枝を切り落とし、道路の側溝にたまった土をかき出す。そのパワーに驚きました。私は休み休みぼちぼちしかできず、あまり戦力にはなれませんでした。真夏の酷暑の中でも毎日畑や田んぼなどで作業をされている方たちは、基礎体力が違うんですね。渡邉 藍子(わたなべ あいこ)1983年8月2日生まれ。岡山市出身。大阪市で11年間、医療事務に従事。緑のふるさと協力隊活動報告緑のふるさと協力隊活動報告ブログ:【田舎暮らし健忘録*緑のふるさと協力隊@川上地区】http://ameblo.jp/a-ao-aiko

元のページ  ../index.html#27

このブックを見る